島根県 安来市 「足立美術館」2019年1月、日本一の庭園鑑賞 ガラス越しに

島根県安来市「足立美術館」に2019年1月に訪れました。今回は、日本一と言われている庭園のご紹介です。

足立美術館 2019年1月 枯山水庭

足立美術館|ADACHI MUSEUM OF ART

 

訪問時期 と 混雑

再三、テレビで紹介されている「足立美術館」、いろいろな方のブログを見ても、この時間帯が空いている等の記事が目立ち、さぞかし、混雑した美術館だろうと、覚悟し、訪れました…

足立美術館 2019年1月 正面玄関

ところが、4時間強の滞在したのですが、ほとんど混雑というのもなく、庭園も作品も、ゆったり〜ゆっくりと鑑賞することができました。

午前10時前後は、団体さんが1組おられて、少し、あわただしかったですが、その後は、展示室にひとりという事もあったり、枯山水庭を鑑賞する ロビーにひとりだったりと、ちょっと予想外で、驚きました。

足立美術館 2019年1月 空いている 枯山水庭 鑑賞ロービー

宿の方に、お聞きしたところ、1年で、一番空いている時期だそうです。紅葉が終わって… 雪も積もっていない時期だからかな… とても寒かったし…

 

館内図

5種類の庭園があります。庭には出られず、建物の中よりの鑑賞です。

ス足立美術館 館内図
  1. 歓迎の庭
  2. 苔庭
  3. 枯山水庭
  4. 生の額絵
  5. 亀鶴の滝
  6. 池庭
  7. 生の掛軸
  8. 白砂青松庭

 

苔庭

杉苔を主体とした強風の雅な庭園です。ゆるやかな曲線を描いた苔のの緑と白砂の白との退避が美しく、秋の紅葉の赤が一層の彩りを添えてくれます。

足立美術館 2019年1月 苔庭

入り口の側です。紅葉は終わっていました。

 

枯山水庭

自然との調和が美しい足立美術館の主庭です。中央の立石は険しい山をイメージし、そこから流れる流水がやがて大河となる、雄大な山水の趣を表しています。

主庭「枯山水庭」の鑑賞の為のロビーが、庭の右端に用意されています。

足立美術館 2019年1月 枯山水庭 ロビー

庭は、右端からしか… 見ることができません…「中央の立石」なんて… あれかな?…程度にしか見えないです。

足立美術館 2019年1月 枯山水庭

正面から鑑賞する為には、「喫茶室 翆」に入るしかないのです… 入館料がとても高い美術館なのに… ちょっと、xxxを感じて、外国の方は、どう感じるのだろうと… 思ったです。

と、思いながらも、時間はたっぷりあるので、「喫茶室 翆」でコーヒータイムをしました。(詳細は、次回の日記で。)

 

生の額絵

窓枠がそのまま額縁に、大小の木や石がバランスよく配置され、芝生の稜線が美しく、まるで琳派の絵を見ているかのような、自然による絵画です。

足立美術館 2019年1月 生の額絵

おぉ〜と、足を止めてしまいました… 本当に、絵画のようでた。

そばには、四季の写真があり、今の時期が空いているのが… 少しわかりました。でも、観光客が沢山だったら、この写真は、撮れなかったかな。

足立美術館 2019年1月 生の額絵 四季

 

亀鶴の滝

昭和53年に開館8周年を記念して開瀑した高さ15メートルの人口の滝です。滝口から勢いよく流れ落ちる水が、庭園に動きと緊張感を与えています。

足立美術館 2019年1月 亀鶴の滝

向こうの方に、滝です。そんなに、広い敷地ではないと思うのですが、広さを感じます。

 

池庭

周囲との調和を考え、新しい感性と伝統的手法を用いて造られた庭園です。優雅に群泳する鯉は、見る人の心にやすらぎを与えてくれることでしょう。

足立美術館 2019年1月 池庭

ここは、庭の中の散策できませんが、池の手前までは、行くことができ、沢山の大きな鯉が、ゆったりと泳いでいるのが見えます。

 

生の掛け軸

床の間の壁をくるぬいて、あたかも一幅の山水画が掛かっているかのようにご覧いただける、足立美術館の名物のひとつです。

足立美術館 2019年1月 生の掛軸

最初は、なぜ、ここが順路になっているか気が付かなかったです…

足立美術館 2019年1月 生の掛軸

側の案内図の説明を読んで、納得でした。掛け軸だったのですね。

 

白砂青松庭

横山大観の名作 「白沙青松」をイメージして造られた庭園です。白砂の丘陵には、右に黒松、左に赤松を配置し、対照的な調和美を生み出しています。

足立美術館 2019年1月 白砂青松庭

ここも、窓ガラス越しでなく、直接、庭園を鑑賞できる場所があります。

向こうの方に、亀鶴の滝が見えます。白い砂は、どこのことかな…

 

他の額絵

帰りがけに、他の額絵も発見でした。

池庭のところです。(ちょっと窓ガラスに反射で、残念)

足立美術館 2019年1月 池庭額絵

苔庭のところです。木々の色と苔の色が素敵です。

足立美術館 2019年1月 苔庭 額絵

 

日本庭園を目的として、訪れた旅行は、初めてでした。それなりに新鮮で見に来たかいは、ありました。今度は訪れる季節を選ぼうと思いました。

次回は、「喫茶室 翆」で、枯山水庭を正面より鑑賞です。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です