デリーから 国内線で ベンガル州バグドグラへ 、シッキム地方ペリンへの出発

インド デリー インディラ・ガンディー国際空港から、シッキム地方ペリンへ移動のため、ベンガル州バグドグラへ国内線で向かいます。

カンチェンジュンガ展望地、シッキム地方での移動は、すべて4WDでした…

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港

 

ホテル出発

昨日、日本から、インド到着時は、ほとんど暗くなっていて、車窓もあまり楽しめなかったので、今日から、空港まで20分くらいですが、新鮮な旅の始まりです。

インドの風景、バイクの二人乗りです。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港への道で

インドの風景、オートリキシャが横を走ってます。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港への道で

と、すぐ、空港に到着でしたぁ。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港到着

 

ターミナル到着

ターミナルに到着です。車が渋滞していて、あまり進みません。すごい車の数です。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港 到着

ターミナル前も すごい人混みです。何やら… ゴチャゴチャしています。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港 ターミナル前

建物に入るには、チケットチェックが必要なようです。そのチェックに時間が取られている感じです。最近行きましたエジプトでもそうだったのですが、テロ対策でしょうか。

ベレー帽の方がチェックされているようです。軍人さんでしょうか、何人かおられます。私たちも、すばやく並びました。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港 ターミナル前 チケットチェック列

チケットを偽造したら… 罰せられる等の看板もありました。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港 ターミナル前 チケットチェック メッセージ

 

セキュリティ内

セキュリティ内のエリアは、平和でした。あの人混みが嘘のようです。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港 国内線 セキュリティ内

11:10 バグドグラ(Bagdogra)行きAI879便、搭乗口31Aです。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港 国内線 出発便一覧

搭乗口付近は、広々としていて、さらに静かでした。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港 国内線 31番搭乗口

自動販売機です。ちゃんとお釣りも出ます。この時は、構内のcafeでミネラルウォーターを購入したのですが、店員さんのおっとり対応で、すごい時間がかかりました。自動販売機での購入がお勧めです。

2018年9月インディラ・ガンディー国際空港 国内線 セキュリティ内自動販売機

 

デリー出発

少し空席があっての定刻での出発です。バグドグラまで、2時間です。

お昼の時間帯だからでしょうか、昼食が出ました。

2018年9月デリー から バクドグラ 国内線 機内食

国際線の機内食より美味しかった感じです。(慣れてきたのかな…)この小さなペットボトル、とても重宝しました。持ち込み可能なサイズなのです。インドでは、セキュリティ内への 水の持ち込みは、ちゃんと検査されていたようでした。

 

バグドグラ到着

定刻到着です。タラップをおります。日差しが、とても強かったぁ…。

2018年9月バクドグラ到着

 

シッキム地方ペリンへ

空港を出て、シッキム地方のガイドさんと合流です。

今回の旅では、日本からの添乗員さん、インド国内の係員さん、そしてシッキム地方での係員さんと、インド国内では3人体制でした。ブータンでは、日本からの添乗員さんとブータンの係員さんとで、2人体制でした。

今回の旅が、いつもと違うところ… シッキム地方での交通手段が4台の4WDの乗用車だったのです。だから、この他にドライバーさんが4人です。

2018年9月インド シッキム地方 観光 交通手段 4WD

旅立つ前は、あまり気にしなかった 4WDでの移動…

旅のしおりに記載されていた、移動時間も、「車窓が好きだから、嬉しいかも」程度にしか考えてなくて…

いざ、出発で… 車を見て… もしかしたら… 「過酷な道なの??」と.. すごい不安の中の出発でした。

今回の旅の 長時間移動のスケジュールを抜粋しました。ベンガル州とシッキム地方の移動手段は、すべてこの4WDででした。

  • 2日目 インド バクドグラ 13:10到着、着後、世界遺産&世界第3位の高峰で、世界遺産にも登録されたカンチェンジュンガの展望地ペリンへ(距離:約140km/所要:約5時間30分)
  • 4日目 午前 ペリン出発、朝食後、ブータンとの国境町プンツォリンへ(距離:240km/所要:約7時間30分)
  • 5日目 朝 プンツォリン出発、ブータンの首都・ティンプーへ(距離:約180km/所要:約7時間)
  • 6日目 朝食後、パロへ(距離:約60km/所要:約1時間30分)
  • 8日目 午前 パロ出発、専用車にてプンツォリンを経由して、インド国境の町チャルサへ(パロ〜プンツォリン 距離:約160km/所要:約6時間、プンツォリン〜チャルサ距離:約95km/所要:約3時間)

結果、超過酷な道のりだったのです。 狭い空間の乗用車での長時間の移動がこんなに大変だったなんて… 道も酷かったけど、洪水被害で、迂回しなければならなかったりと、さらに過酷になって、その状況は、次回以降の日記で、です。

いざ、車を連ねて、出発です。

2018年9月インド バグドグラからシッキム ペリンへ 4WDで出発

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です